当法人が実施する預貯金通帳等の全件原本確認について


2018年03月30日


関係者各位

               

               公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート

                             理事長 矢頭 範之

 


     お知らせ

        (当法人が実施する預貯金通帳等の全件原本確認について)

 

当法人は、高齢者・障害者等の権利の擁護を目的とし成年後見人等に就任している会員の指導監督を行っておりますが、平成27年度から、会員が成年後見人等に就任中の事件について、当法人に定期的に報告している業務報告書の預貯金残高と会員が管理している制度のご利用者本人(成年被後見人等)の預貯金通帳等の原本とを照合する調査(以下「全件原本確認」といいます。)を行うこととし、平成29年度から本格的に開始しました。

この全件原本確認は、調査場所、調査内容、調査員の数や各調査員の役割分担、さらには調査結果の記録事項等を「全件原本確認に関する実施要綱」に定め、これに沿って統一的に実施することとしています。

当法人は、この全件原本確認を通じて不正行為の抑止を図ることが、制度のご利用者本人の財産を守るために不可欠であると考えていますので、プライバシーに配慮しつつ、着実に実施し、不正行為の防止に向けた不断の取り組みに努めるとともに、成年後見制度の一端を担う団体として成年後見制度の信頼の向上に寄与して行く所存です。

 関係者の皆様には、当法人が実施する全件原本確認にご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。