私の成年後見ノート

老後のことを考えると、お金のことや健康、その他日常生活に関する様々なことが不安に思えてくるものです。特に、ひとり暮らしの方は、身の回りのことをすべて自分ひとりでやらなくてはならないため、より負担が増えてしまいます。なかでも、財産の管理は生活を維持するために最も大切な問題です。

しかし、年をとるにつれて判断能力が衰えると、貴重品の管理や家計のやりくりが適切におこなえなくなるかもしれません。さらに、認知症などになってしまった場合は、自らの力で意思決定をすることすら難しくなってしまいます。うっかりしたことで大切な資金を失うことになってしまったら、老後生活の糧が失われ、途方に暮れることになってしまいます。

今は元気に暮らしていても、「老後はお金に関することで、何か判断を求められたときに支援を受けられたら」、と考える方も多いでしょう。安心して老後生活を迎えるために、支援制度を知った上であらかじめ準備をしておきたいものです。では、老後のひとり暮らしにおいて、具体的にどのような場面で支援が必要となるのでしょうか。

成年後見ノート・PDF保存

こちらからダウンロードして、お使い下さい。